×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

い恋人パーク
 
『CHOCOLAE FACTORY』
工場を見つけた瞬間に、『チャーリーとチョコレート工場』!!
と思いました。
北海道土産と言えば、『白い恋人』
ちょっとベタだけど、見学に行ってみようかな。
という、気軽な思いつきで訪れました。

。。。『白い恋人 CHOCOLATE FACTORY』
うわ。
この明確さ。かなりツボです。

『キプロスとチョコレート工場』はじまりはじまり。。。
↑の窓辺をズーム。

カワイイ!!カワイイ!!!かわいすぎます!!!
ずらりと並ぶ、雪だるま。
表情も様々です。
一年中ここに居るのでしょうか?冬だけ?
この雪だるま、工場のあらゆる場所に出没していました。
『白い恋人』のチョコレートをはさんでいるクッキーをラングドシャーと言い、これはフランス語で『猫の舌』という意味。
それにちなんで、石屋製菓の社章に猫を起用したそうです。

見ているだけで心あったまりますね(^^
工場の中には噴水。残念ながら、チョコレートの噴水ではありませんでした。
チョコレート関連の壁画や説明があり、ちょっとしたチョコレート博士になりそうです。
ちなみに、日本人で初めてチョコレートを食べたのは岩倉具視だそうですよ。

私のお気に入りは、世界各国のチョコレートパッケージやチョコレートカップをずらりと取り揃えた部屋です♪

チョコレート工場製造ライン。
ファンタジー・・・。
『白い恋人』が続々と出来ていく様も面白かったのですが
何とも言えない壁画が・・・笑
写真上部の三人の子供が描かれている壁に、
自分の姿が映し出されるようになっていました。
立体の動物もいたり、『チャーリーとチョコレート工場』に負けていません 笑
こげぱん発見。
そう言えば、北海道旅行記にこの工場載ってましたっけ?
見学途中にカフェ。
絶景です。
パーク全体が見下ろせ、目の前には雪山。
1時間に1回ある時計塔のパレードを正面で見られます。
もちろん食べた、チョコレートケーキ(^^
お い し い。
1時のチョコレートパレードは外で観ました。
「パレードが始まるよ〜」
と言ったアナウンスがあり、曲と共にカラクリ劇場の始まり始まり。

「パレードが始まるよ〜」から始まり、「くまさんが登場〜」など、パレードの実況が延々と続き、しまいには「ウォンカ登場の歌」のような「パレードの歌が始まり、えぇぇ〜(^^;と思っていたところ、
何か後ろから声が聞こえるんだよね。。。
と何気なく振り向くと。。。

!!?

手を振り上げ高らかに合唱するパティシエ達が。。。!
(人形です)

お 面白い。。。

他にも、パレードの時しか登場しない豚が顔を覗かしたり。。。
普通の植木に見えていた木が、音楽に合わせて左右に揺れたり。。。。。。。汗
もぐらが顔を覗かしたり、梟が歌ったり。。。

パレードの最中呆気にとられていました。
メインの建物。
右真中には例の5人のパティシエ。
最後まで謎だったのが、
駐車場。

2枚とも駐車場なのですが、ツリーハウス(登れない)があったり、
片隅に煙突があったり。。。
煙突にはロープが垂れ下がり、そのロープの先にはパティシエ(人形)がいます。
いつ何をするんでしょう。。。
何も駐車場に作らなくても。。。

謎を残したまま、今回はここを去りました。
また行きます!



所在地/北海道 地下鉄東西線宮の沢駅より徒歩7分
HP/http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp