×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HUNDERTWASSERとは?

経歴/BIOGRAPH

名前 本名
・Friedrich Stowasser
 (フリードリヒ・シュトヴァッサー)

改名
・Hundertwasser
 (フンデルトヴァッサー)※日本ではフンデルトワッサ−とも呼ばれる
・Regentag
 (レーゲンターク=雨の日)
・Dunkelbunt
 (暗黒の多彩)

日本名
・豊和百水
 (frieden=豊かな+reich=平和な+hundert=百+wasser=水)

フンデルトヴァッサーは、新しい出会い、出来事がある度に自分に新たな名前をつけた。一般的にはHundertwasserで知られている

国籍 オーストリア・ウィーン(芸術家として活躍し始めて後、ニュージーランドへ移住
父:アーリア系オーストリア人  母:ユダヤ系チェコ人
時代 1928年12月5日 〜 2000年2月19日
ナチス占領下のウィーンでユダヤ人として迫害を受ける幼・少年時代を過ごす
クリムトやシーレなどウィーン世紀末分離派や、ウィーン幻想派に関係が深い
思想 自然との共存を訴え、渦巻や草屋根、オニオンタワーなどを多用した独創的な色彩・フォルムの絵画、建築を手がける
直線を嫌い、「直線に神は宿らない」と主張して近代合理主義建築の不毛さ、非人間的さを厳しく批判
人柄 シャイ。シャイで内気だが、信念の人
日本文化にも多大な感心を持つ。とりわけ、北斎・広重の浮世絵に感銘をうける