×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NEW INFORMATION 2003年〜
何か耳より情報があったら更新。
■出版情報■ 2004/12月21日更新 

雑誌「TITLe」(文藝春秋)にHUNDERTWASSERの記事が掲載されます♪

12月24日発売の雑誌「TITLe」(文藝春秋)の建築特集号(117p〜122p)に、HUNDERTWASSERのデザインした舞洲工場とスラッジセンターの記事が掲載されます。
当サイト『REGENTAG』のURLもちょこっと掲載されているようなので、自分が一番ウキウキ。
クリスマスプレゼントに是非♪(笑)

■補足■ 2004/12月21日更新 

以前ご紹介しました『HUNDERTWASSER 1928-2000』ですが、90,000円が→27,504円まで下がっております。。
まだ9万円で売られているサイトもあるので、うっかり高値で購入されませんように。
下記アマゾンにてお安く買えます〜
アマゾンサイトはコチラ★新しいページが開きます。

■切手発行情報■ 2004/9月15日更新 

Hunderwasserデザインの、『ドナウ・アウエン国立公園』記念切手の発行!!

Hundertwasserが生前取り組んだ、ドナウアウエン自然保護活動の成果を記念し、この度改めて、オーストリアにて記念切手が発行されました。
発売は
2004年10月22日。
額面:0.55ユーロ。

ワッサーの切手は、見ても触れても、ついため息が出る程の芸術品です。。。ドキドキ。

■アクセサリー情報■ 2004/9月14日更新 

「FREY WILLE」(フライ・ヴィレ)からHundertwasserアクセサリー登場

http://homepage1.nifty.com/spacekids/topics.html
↑詳しくはこちら★クリムトをテーマにしたアクセサリーも手掛けてきたブランドだそうです。
10万円とか、そんなレベルの商品らしいので、気軽に買えそうにありません。

■TV情報■ 2004/5月更新

6月26日(土)『美の巨人たち』にて『フンデルトヴァッサーハウス』が取り上げられます!!

詳しくは、↓サイトへGO!

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/index.html

■放送局一覧■

*テレビ東京(TX)、テレビ大阪(TVO)、テレビ愛知(TVA)、 テレビせとうち(TSC)、テレビ北海道(TVh)、 ティー・エックス・エヌ九州(TVQ)
毎週土曜日
夜10時00分〜10時30分


*信越放送(SBC)
毎週土曜日夕方5時〜(一週遅れ)


*三重テレビ放送(MTV)
02年7月1日から毎週月曜日
夜7時25分〜7時55分 (2000年4月8日#1ピカソから順次OA中)


*BSジャパン(BSJ)
毎週日曜日
夜11時00分〜11時30分

■出版情報■ 2004/1月更新

『Friedensreich Hundertwasser』画集、英語・ドイツ版発売。
定価:1860円
最近まで工事中だった建築も載っています。なぜ日本の建築は載らないんだ。。。?

フンデルトヴァッサーのミュージカルが2004年6月30日に初演を迎えるそうです。。。?!間違いなく日本では上演されそうにないが(泣)フンデルトヴァッサーの足取りを題材化したもので、彼の人生をたどるかたちになっているらしい?まだよくわからん。。。

■出版情報■ 2003/5月更新

アート系雑誌『X−Knowledge HOME』にてフンデルトヴァッサー特集。副題 〜建築家?画家?異端の天才フンデルトヴァッサー〜
5月10日発売(月刊)
定価:800円
様々な方面でワッサーと関わりのあった人々がインタビューに応えていて、今までと違った一面が垣間見える。って、あー私が画像使用許可を頂いた方も載ってる〜(><)


『HUNDERTWASSER 1928-2000』英語版発売!!
定価:90,000円
高い!というのが第一声でしょうか?しかし、値段だけの価値がある!!ワッサーのすべてが網羅されております。人生も作品も。どかんと2巻組。しかもオリジナルカラーエッチング1枚付属です。
さらに、
全世界10,000冊限定出版なので、お早めに。日本分は何冊なんでしょうか。。



『フンデルトヴァッサー建築 ―自然と調和する人間味あふれる建築をめざして日本語版発売!!
定価:6,195円

分厚い建築本。英語版はかなり前に出ていたけど、ページ数がかなりのもので、日本語版を切望していた。やっと出ました。


『クンストハウスウィーン』日本語版発売!!
定価:1,287円
これまた切望された日本語版。。。どうしてこう後々になって日本語版が(泣)まぁ当然ではあるが。。。